今回は国鉄と言う訳ではないのですが・・・。

JUGEMテーマ:国鉄

今回のお話は、国鉄時代のお話ではなく、この度JR西日本が新製した35系客車のお話。

 

すでに、Twitterなどで、話題になっていますが。

山口号の12系置換え用客車として5両編成が出揃ったようですね。

当初の計画では、展望車はダブルルーフのマイテ49風となっていましたがTwitter等でアップされている動画を見る限りでは、丸屋根で製作されているみたいですね。

特に驚かされたのは、旧形客車に見られたシルとヘッダが再現されていることや、ガーランド式ベンチレータがダミーでしょうがついていることに驚かされます。

連結面を見るとジャンパー線が並んでいて、現在の客車だなぁと思わせてくれるのと、クーラーも出来るだけ目立たない様に工夫している点が泣かされます。

 

そして、このオハ35系、特徴的なのは屋根の両端が絞り込まれていることです。

引用 JR西日本やまぐち号客車            丸屋根と言うのですが、これは戦前型の客車の特徴であり、戦後は客車のr両端を絞らない、切妻式と呼ばれる客車が製造されました。

 

さて、今回JR西は35系客車と言う名称になるのでしょうか?新形客車を製造しましたが、どこまでも国鉄時代を彷彿させてくれますね。

ちょうど銀河鉄道999がヒットした1980年前後に、銀河鉄道999のように、外観は昔の客車そのもので中身は最新の技術を導入した車両が誕生しないかと真剣思ったものですが、まさか本当に誕生するとは夢にも思いませんでした。

外観を見る限りでは、台車こそボルスタレスの軽量台車のように見えますが、全体に昔の雰囲気を上手く表現していますよね。欲を言えばクーラーのキセを屋根と一体化したら完璧だったろうなぁと勝手に思っています。

まぁ、この辺は鉄道オタクな発想過ぎますよね。笑
12系客車改造のレトロ用客車も引退し、9月からは新型客車が運転されるそうですが、この新しいやまぐち号客車も末永く走っていただきたいものですね。
画像 Wikipedia
しかし、財政赤字から梅小路蒸気機関車館も昭和54年頃に一時期閉館という話もありましたが、当時の国鉄により存続が決定しました、動態保存機の変更を行うとともに、やまぐち号の運転が開始されました。昭和54年8月1日のことです。
これ以降、毎年運転されることになり、JR化以降各地でのSL復活運行などにも繋がったと言えます。
国鉄時代、山口線で走らせるようにした背景には、新幹線を利用者などを見込んででのことであったと言われています。
余談ですが、東海道線では、「京阪100年号」の事故でさすがに蒸気機関車の運転は難しくなっていますし、現行ダイヤでは蒸気機関車の本線運転はかなり厳しく、C62はその巨体を持て余しています。(しらさぎ号(誤→京阪100年号(正)に訂正)
何時の日か、山陰本線で、山口号用の新型客車を連結してその雄姿を見てみたいものです。笑

 

 

1