鳥羽駅のことどれくらい知っていましたか?

JUGEMテーマ:国鉄

鳥羽駅を御存じでしょうか。
三重県の鳥羽市にある駅で、鳥羽水族館などの最寄り駅ですので、御存じの方も多いかと思います。
この駅を見ていますと、近鉄の駅にJRが間借りしているようなイメージを持たれますが、元々はJR鳥羽駅の方が歴史は古く、明治44年7月には参宮線の終点として、開業しています。
その後、鳥羽駅に接続する形で、昭和4年7月には、志摩電気鉄道が狭軌で、鳥羽〜真珠巷間を開通させたそうです。【真珠港は賢島から先にあった】
なお狭軌で建設された経緯は、志摩電気鉄道が真珠養殖資材を運ぶことを目的としていたためで、昭和40年代には真珠養殖自体が斜陽化したこともあり、赤字が増加、近鉄に買収されることになるのですが、仮に志摩鉄道が独立を保ち若しくは独自に国鉄への買収を求めていたら、鳥羽地区に於ける近鉄とJRの力関係がもう少し変わっていたかもしれません。

 


 

更に戦前は、お伊勢参りが盛んで、優等列車も多数運転されていましたし、戦後も、昭和28年9月には東京を結ぶ急行「伊勢(いせ)」が復活するなど、活況を呈していました。
伊勢(いせ)神宮、二見浦(ふたみがうら)と回るのが当時のはやりであり、今も残る宿屋に当時の隆盛をしのばせてくれます。
この頃の伊勢・鳥羽地区の主役はあくまでも国鉄鳥羽駅でした。

 

さて、今回はこのまま鳥羽駅のお話をさせてもらっても良いのですが、今回は鳥羽駅の駅上家【いわゆるホーム屋根)に注目してみたいと思います。

今でもJR鳥羽駅で使用されているホームの屋根ですが、建設されたのは昭和29年頃らしいのですが、支柱はジュラルミン製と書かれています。【国鉄線、昭和30年12月号の記事より】、当時の写真を見るとホームすぐ横が海辺であり、調べて見ますと現在の近鉄ホームがあるあたりは埋め立て地であったことが分かりました。


左側が海岸線のように見えますが、実際この付近は海岸であり、現在は海岸が広がる付近には近鉄のホームが広がっています。

 

今回blogを書こうと思って資料を探していて、鳥羽駅の新しい駅上家と書かれていましたので、そこからいろいろと調べていくとこうした面白い事実がいろいろと判明しました。
ちなみに、近鉄が鳥羽まで乗り入れるのは、昭和45(1970)年3月1日であり、万博とからメタ観光客入り込みを目指したのではないかと思われます。
ちなみに、元々鳥羽駅に接続していた志摩電気鉄道は、元々はJR線の南側【山側)に線路がありましたが、標準軌化工事と鳥羽線との接続に際して現在の配線に変更されました。
そのため、ホームの番号に振り方が変則になっています。下図参照

Wikipediaから引用

元々は、下記の場所付近から志摩電鉄の線路が延びていたようです。

その名残で、鳥羽駅の番号の振り方だけは変則になっています。

********************************************************
取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に
blackcat.kat@gmail.comにメール
またはメッセージ、コメントにて
お待ちしております。

国鉄があった時代 JNR-era
********************************************************