EXPO'70で運転された、臨時快速

JUGEMテーマ:国鉄

 

大鉄局が設定した二つの快速

  • 小中学生の万博見学に配慮した、臨時快速
  • 万博帰宅者に特化した深夜、臨時快速
大阪鉄道管理局(以下、大鉄)は、万博輸送に関して、臨時快速電車を設定しました。
それが、下記の列車で、万博号という愛称がついた快速列車で、三往復が設定されていました。
  • 下り列車 07:39 河瀬発→09:16 茨木着(万博1号)
  • 下り列車 16:17 茨木発→18:14 姫路着(万博3号)
  • 下り列車 21:17 茨木発→23:10 姫路着(万博5号)

同様に、上り列車は
  • 上り列車 07:50 姫路発→09:42 茨木着(万博2号)
  • 上り列車 16:30 茨木発→18:18 姫路着(万博4号)
  • 上り列車 21:21 茨木発→22:47 姫路着(万博6号)
当時としては珍しく、下り奇数、上り偶数の番号設定
快速列車ですが、当時の列車名は上りも下りも1号から始まる番号なのですが、この快速は、下り列車は奇数が、上り列車は偶数が付定されていました。
車両に関しては、快速形としか書かれていませんが、113系電車が使用されたものと思われます。
この愛称尽き快速以外に、茨木市止まりの快速電車や、管理局跨がりの快速、「エキスポ号」が設定されています。
下り列車 07:22 名古屋発 →新大阪 10:39(エキスポ1号)
下り列車 08:44 名古屋発 →新大阪 11:45(エキスポ2号)
上り列車 18:20 新大阪発→名古屋 21:22(エキスポ1号)
何故か?エキスポ2号は運転されていません。
と書いたのですが、昭和45年7月の時刻表では、エキスポ2号が運転されています、ちなみに運転時刻は、
上り列車 16:01 新大阪発→名古屋 19:30(エキスポ2号)
となっています。
なんとも、不可解な話ですが。苦笑
なお、5月の連休及び夏休みには、エキスポこだま、大阪〜三島間のみ夜行運転、三島で新幹線に乗り換える列車が運転されています。
スペースの関係上、一部割愛させていただきました。